β-ラクタム系の抗生物は?

β-ラクタム系の抗生物は?

お薬は、様々な原理を通じて分類されますが、四角形の原理をβ-ラクタム環と呼び、こういう原理を有する型の抗生物がβ-ラクタムコネクションと呼ばれてある。

 

ジスロマック,アジー,通販,購入,市販,副作用,効果,即日

 

細胞膜反応阻害薬
細胞垣根の下における細胞膜へ作用する型だ。

 

細胞膜に落とし穴が解くなどする事で、菌のアクティビティー存続の為に必要な大切な細胞を細胞外へと出してしまうことで菌自身の存続を出来なくする事で、菌を死滅させて仕舞う型だ。

 

蛋白デキ結合阻害薬
蛋白デキを合成する為に必要な五臓で「リボソーム」が有ります。

 

細胞が増加する為には、細胞回避を繰り返して増加していきます。細胞分裂する為には、新設細胞を仕立てるのに蛋白デキが入用として、古めかしい細胞を新しく取る場合には、リボソームが必用だ。

 

そのリボソームの実施を阻害する事によって、新設蛋白デキが作られなくなります。そうなると、菌は増加する事が出来なくなります。細胞垣根結合阻害薬の場合と違う点では、人間の細胞にもリボソームが存在するのです。

 

ただし、リボソームにもステージがあり、そのステージを見極める事で菌のリボソームだけに作用し、菌のリボソームだけに影響を与える事が出来るのです。

 

こういった蛋白デキ結合阻害薬には、マクロライドコネクション、テトラサイクリンコネクション、アミノグリコシドコネクションといった抗生物があります。

 

核酸結合阻害薬
こういう核酸結合阻害薬は、蛋白デキができあがる以前の段階で、蛋白デキを定める為に必要などうして蛋白デキを作れば良いかが書いてある青写真絵図をDNAやRNAなどの核酸からリボソームが探し出す事で作られていきます。

 

その、核酸の結合ステップを切り詰める事で蛋白デキを作れなくして仕舞う型の抗生物は、ニューキノロンコネクションといった抗生物があります。

 

葉酸結合阻害薬
葉酸は俗称ビタミンB9と呼ばれ、方も菌も生きていく為には必要な物で、細胞分裂する為には必要な栄養素だ。

 

なので、こういう葉酸を結合を邪魔する事によって、菌の増加を切り詰める型が葉酸結合阻害薬だ。

 

人間の状況、葉酸は食べ物で栄養素として手に入れる事が出来るので、パーソンは影響を受けないとおり、菌だけに影響を与える事が出来るのです。

 

抗生物は様々なステージに別れてあり、両者効果の見込める病気核バイ菌が違う。どの抗生物が最適なのかを調べることがかなり大切です。

 

・ペニシリンコネクション       :広い感染症へ有用 梅毒や淋病など
・マクロライドコネクション      :レンサ球菌感染症他 クラミジアや淋病など
・スルホンアミドコネクション     :尿路感染症他
・テトラサイクリンコネクション    :梅毒他
・モノバクタムコネクション      :グラム陰性バイ菌による感染症他
・グリシルサイクリンコネクション   :胴感染症他
・アミノグリコシドコネクション    :大腸菌による感染症他
・カルバペネムコネクション      :肺炎・敗血症他
・ポリペプチドコネクション      :まぶた・耳・皮膚・膀胱の感染症
・フルオロキノロンコネクション    :菌性下痢他
・エタンブトール      :結核
・クロラムフェニコール   :腸チフス他
・第1年頃セファロスポリンコネクション:皮膚関連の感染症
・第2年頃セファロスポリンコネクション:ブレス箱感染症他
・第3年頃セファロスポリンコネクション:皮膚関連の感染症
・第4年頃セファロスポリンコネクション:シュードモナス感染症他

・第5年頃セファロスポリンコネクション:合成した皮膚感染症他

 

ジスロマックHOMEへ